日本ベトナム現代演劇共同プロジェクト/Dự án hợp tác kịch hiện đại Việt Nam – Nhật Bản

生きる/Sự sống(原作: 日本の能楽脚本 「谷行」より/(Dựa trên nguyên tác truyện “Taniko”(Vách núi) của Nhật Bản))

 

《企画内容》

ベトナムの演劇界を牽引する国立ドラマ劇場と2回(2018年7月、11月)の共同ワークショップを経て、2019年1月にオリジナルの舞台作品を創り上げる。能の謡曲『谷行』を素材にして、ベトナムが抱える「伝統演劇の現代化」というテーマに取り組む。さらに、日本とベトナムの演劇の制度や様式、劇作術を再考しながら、フィジカルな表現や集団創造に挑戦し、近過去にとらわれることなく、また西洋演劇の需要でもない、双方の表現欲求が交錯する場と関係を構築する。

❶第1回合同ワークショップ
期間:2018年7月28日~8月7日 実施済
内容:(1)舞踊の技術を使った、身体による表現のワークショップ
(2)日本演劇の能、歌舞伎、現代演劇のレクチャー
会場:ベトナムドラマ劇場
参加者:ベトナムドラマ劇場から14名
日本から5名(出演者:清水優華、公門美佳+宗重博之、伊藤多恵、西村寛子)

【助成】 国際交流基金アジアセンター アジア・文化創造協働助成
【Grant】 The Japan Foundation Asia Center Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration 国際交流基金アジアセンター公式サイト: http://jfac.jp/ #JFasiaGrant

❷第2回合同ワークショップ
期間:2018年11月12日~11月23日
会場:ベトナムドラマ劇場

【助成】 国際交流基金アジアセンター アジア・文化創造協働助成
【Grant】 The Japan Foundation Asia Center Grant Program for Promotion of Cultural Collaboration 国際交流基金アジアセンター公式サイト: http://jfac.jp/ #JFasiaGrant

❸稽古と上演
稽古期間:2018年12月10日~2019年1月7日

|公演日|
2019年1月9日、10日、11日、12日

|会場|
ベトナムドラマ劇場(Nhà hát Kịch Việt Nam)
*2019年1月13日 国際交流基金ハノイ事務局にて和楽器奏者によるライブコンサートを予定

|出演/ Diễn Viên|
清水優華
公門美佳(ダンサー)
Tống Minh Tùng
Bùi Phương Nga
Nguyễn Hồng Phúc
Vi Lưu Xuân Nam
Ngô Thị Thuận
Ngô Minh Hoàng
Lê Thị Tuyết Trinh
Nguyễn Thị Duyên
Tô Tuấn Dũng
Nguyễn Thị Diễm Hương
Nguyễn Văn Cương
Hoàng Thị Quyên

音楽
北村公宏(尺八)
KIJU(三味線)

|チケット料金/ Giá vé|
40万ドン/ 400000đồng

|スタッフ|
共同演出: 宗重博之
構成: Anh Tú
振付: 伊藤多恵
舞台監督: Tùng Cận
照明プラン: 齋藤茂男
照明補佐: 根津歩美
美術プラン: 加藤ちか
美術協力: NSƯT Doãn Bằng
選曲: 藤田赤目
音響オペレーター: 勝見友理
衣装協力: 武徳ドァンフン
宣伝美術: 細谷修三
制作文芸記録: 西村寛子
台本翻訳: 武徳ドァンフン
台本協力: 後藤絢子

❹他都市での上演
2019年以降は、ベトナム国内と日本での上演を模索する。

(共同制作団体)
ベトナム:ベトナムドラマ劇場
日本:壁なき演劇センター(Theatre Center Without Walls)

国際交流基金アジアセンターによるインタビュー記事。

・「日本とベトナムの舞台芸術交流に向けた挑戦」
http://jfac.jp/culture/features/f-ah-hiroyuki-muneshige/

ベトナムの全土の劇場を周り、ベトナムの現代演劇や伝統芸能を調査したレポート。

・「ベトナムにおける伝統・現代演劇の実態調査および日越の舞台芸術交流の促進」
http://grant-fellowship-db.jfac.jp/fellow/fs1505/